山本社長!お誕生日おめでとうございました!

こんにちは!2月13日は山本社長のお誕生日でした!

富士凸版印刷では社員の誕生日にサプライズ!でお祝いをするのですが、
(自分の誕生月付近になると来るか来るか…と構えるにも関わらず、必ず驚きます)
社長のお名前と少しつながりのあるワインを、
社員からプレゼントさせて頂きました~

いつも、私たちの事を厳しくも優しく見守り、先導して下さる社長に、
感謝の気持ちを伝えられたのではないかな・・・、と思います。
これからも健康に気をつけて、私たちへのご指導、お願いします。

というわけで、山本社長お誕生日おめでとうございました!!

ものづくりの楽しさを伝えたい

こんにちは、営業部の神谷です。
2月1日・2日と守山西中学校2年生の生徒さんが、
3名、職場体験に来てくれました。
毎年、体験の受け入れをさせて頂いているのですが、
元気な生徒さんが来てくれるので、おもしろいです。

体験はまず社長の「働くとは」という話から始まりました。
少し難しいことろもあったと思いますが、
真剣な眼差しで聞いてくれました。

そして、実践体験です。
ポスターを作ってもらいました。
まず、なんのポスターを作るかから考えます。
学校に貼るなら、ターゲットは誰か、何を伝えたいか~
企画から制作までを1日で進めなくてはいけないハードスケジュールの中、
3人で意見を出し合い考え、ながらスマホ、並列走行を注意する
「交通安全」ポスターを作ることになりました。

危険や注意を促すのに適した色は何色か?と他のポスターを見て考えます


ラフ作成にあたっても、伝えたい言葉を明確に単体で大きくのせる。
という、こだわりを持っており、社長の話や自分たちのアドバイスを、
理解して進めてくれているなあと感じました。

悩んだ分だけ良いものができますね。

実際、自分たちも制作の時は悩みながら進めていくのですが、
客観的に話し合いの様子を見せてもらうことで、
「こんな自由な考え方があったのか」
と思うこともあり、刺激的な2日間となりました。
私は打ち合わせメインの初日に主な担当をさせて頂き、
2日目は制作部と製造部での体験でした。
初日に作成したポスターのデザインの調整と、
下版作業、そして印刷の流れを体験・見学してもらいました。

デザインの最後の微調整を行っています

工場見学のあと「疲れたー」という素直な意見も聞け、
「紙って意外と重いんだな」と感じてもらえたようです。

紙をどの紙にするか相談中。マット紙に決定しました。

私たちも様々なことを学んだ2日間でしたが、
ものづくりの楽しさを少しでも感じてもらえていれば、
嬉しいなと思います。

コピーもデザインも良い感じに仕上がりました!