徳目朝礼で気づく、大切なこと

こんにちは、営業部の神谷です。
大雨が降ったかと思えば、太陽がサンサンと出てきて、
温度管理が難しいですね…!

さて、富士凸版印刷では毎朝徳目朝礼を行っています。

今月の月間テーマは
「お客様に喜ばれる仕事をしよう!」
そして、今週の質問が、
「あなたの会社のお客様は あなたの会社に何を求めていると思いますか?」
毎日、この質問に対して自分なりに考えるのですが、
今日思ったことは、やはり、
「ひとつひとつの作業に思いやりをもって仕事をする」
つまり、「細かくしっかり確認する!」ということでした。

最近はパソコンも普及し、自分でつくったwordやexcelのデータを、
簡単に印刷することができますが、
そんななかで、印刷会社の営業としてお客様と直接やりとりをさせて頂いているのですから、
お客様の目の届きにくいところまで、「印刷のプロ」の目線で、
細かくしっかり確認させて頂くことが大切だなと、日々のお仕事の中で実感します。

というのも、昨年、自分が入社した年からずっと担当させて頂いてる案件の、
初校確認の工程で、ミスをしてしまいお客様からお叱りの言葉を頂いてしまいました。
3年目で、慣れてうっかりしてしまったな…、と反省するとともに、
今年は絶対にないようにと、いつも以上に力を入れて確認を行っていると、
excelデータ変換ならではの不具合など、気づきづらい誤りを発見することがあり、
初校提出の段階で、修正を反映したものを確認して頂くことができました。

「あたりまえ」のことではありますが、
ネット上だけのやりとりではなく、「私」という存在が間に入ることで、
印刷物作成の過程からお客様に少しでも「安心・信頼」して頂ける。
そんな心がけを持ち、これからもお仕事させて頂きたいなと思いました。

富士凸版印刷では、デザインの作成からはもちろん、
excelやwordで頂いた原稿の変換成形・印刷・製本まで承っております!
今回の案件は、住所録の作成で、A6サイズの小さい手帳型へ製本させて頂きました。
社内の情報共有のための資料も、手帳にしておくと利便性が高くなり、より徹底しやすくなるため、
資料はあるけど、持ち歩きにくいんだよな…。
などお悩みの方は是非お声掛け下さい!