肩こりに効果あり?!

こんにちは、デザイナーの酒井です。
皆さんはよく肩が凝るほうでしょうか?

私の仕事は主にmacに向かい、デザイン制作の毎日です。
デスクワークが多い皆さんと同じく、慢性の肩こりや運動不足が常態で、何とかしたいと思っていた時、「トランポリン」に出会いました。

トランポリンは、運動オンチの私でも続けられるほど楽しく、でもキレイに技を身につけるのは難しく、だからこそ面白く、自分でも意外なほど長く続けています。

 

少し前になりますが、熊本から福岡へ行ってきました。

熊本へは、所属しているトランポリンサークルの
スポレク全国大会で、愛知県代表チームとしての参加です。

主催の熊本トランポリン協会の皆さんには、心のこもった大会運営や
レセプションの企画で盛り上げていただき、スポーツとしてはまだまだ競技人口が少ないトランポリンの普及に尽力されている様子に頼もしく感じました。

 

トランポリンはオリンピック種目にもなっており、競技選手のトランポリンは、回転やひねり技の超絶体技で凄いものですが、社会人スポーツとしてのトランポリンは、各自のレベルに合った技を身につけたり、それを使った対戦型の試合を楽しみます。

 

社会人は会社で過ごす時間、仕事に向かう時間がとても多く、ともすれば休みの日でも業務に関する勉強をしたり、スキルを磨くための研鑽をしたりと、シゴト以外の時間がとても少ない人も多いと思います。

そんな中で、シゴトとはまったく異なるところで、年齢も職業もバラバラの人たちと話をしたり身体を動かしたりして過ごす時間や、時には遠い地域での大会に参加することは、気分的にも身体的にもとてもリフレッシュできます。

異業種交流などもありますが、意図的にシゴトから遠い分野のコトに参加してみると、知らなかった世界が意外にも自分にぴったりとくるかもしれないですよね。

もちろん、トランポリンに興味を持たれた方は、ぜひ体験してみてください。
初回無料で、必要なのは靴下だけ! お気軽に!

 

ありがとうハガキに想いをのせて

 

皆さん、こんにちは! 製造部・浅井直也です。

まだまだ寒い日が続きますね。春までもう一歩、体調には充分注意してください。

弊社では、ありがとうを伝えるツールとして、色々なデザインのありがとうハガキを作っています。

ちょうどこれが、先日印刷した「ありがとうハガキ」です。

印刷後の状態です。(1枚の紙に2種類のありがとうカードが印刷されています。) これを断裁機でハガキサイズに断裁します。

このありがとうハガキの活用法は、お客様に送ったり、職場の仲間や家族に渡したりして使っています。 感謝の気持ちが伝わって喜んでもらえます。

昨年の期末にに社長から頂いたハガキです。やはり手書きだと心がこもっていて、より多くの気持ちが伝わってとても嬉しかったです。渡した側も、もらった側も、温かい気持ちになりますね。

当たり前に過ごしている中に沢山の「ありがとう」が隠れています。

この機会に皆さんも1度周りをゆっくり見渡してみはいかがでしょうか?

そして、見つけた「ありがとう」をカタチにすれば普段なかなか素直に言えないありがとうも伝えやすいと思います。

ちょっと恥ずかしいですが、自分もいつも助けてもらっている弟にありがとうハガキを書いてみました。 こういった機会でもないと、なかなか伝えられないですからね・・・。

コミュニケーションツールにもなり、社内の活性化にも繋がるありがとうハガキを活用してみませんか?

興味があればぜひ弊社までお問い合わせ下さい!!

五島列島の天然クエを味わう会

こんにちは、制作部の松浦です。

2月3日、弊社のお客様である株式会社北白川書房様が主催の
「とうかい食べあるきの会」に行ってまいりました!

本会は、おいしいものの食べあるきを通して、
毎日をよりエンジョイしようという皆様の集いです。
普段は写真で拝見している豪華なお料理の数々を
実際に食べられる、大変貴重な機会です。

今回の食べあるきの会は、
魚しゃぶと日本料理のお店「濱の季」さんにて行われました。
お店は名古屋駅から徒歩3分、柳橋市場入口の第二丸中ビル2・3階にあります。

通常は夜営業・日曜休業ですが、
今回は特別に日曜日の昼席を設けていただきました。



以下、当日のコース内容とその中から抜粋したお料理をご紹介します。

食べあるきの会のためだけに用意していただいた特別コースです!

まずは、旬の食材を活かした前菜「季節の12豆皿膳」。
節分に因んで、いわしや豆も取り入れていました。

続いて、クエのお造り。
噛むごとにクエの弾力とうま味が口内に広がります。

その後にクエの柚庵焼きをいただき、本命のクエ鍋。
鍋はお店の方が調理し、食べ頃に取り分けてくださりました。
具材はもちろんのこと、具材の持つうま味が溶け出したおだしも絶品!

鍋の後に〆の雑炊をいただき、
デザートの苺と杏仁豆腐でコースを締めくくりました。


会の雰囲気は終始和やかで、初参加でもゆったりと過ごせました。

同時に、食べあるきの会が長年にわたって続いているのは、
美味しいものを食べたいという一心で参加なさる皆様と、
美味しいものを提供するため努力を重ねておられるスタッフの皆様と、
食べあるきの会に惜しみなく協力なさるお店の皆様のお陰であり、
その皆々様の間に揺るぎない信頼関係があるからこそと実感しています。

会の内容は「とうかい食べあるき」の冊子でいつも見ていますが、
実際の会場に行って味わう雰囲気は格別でした。
何よりも、自分が普段携わっているお仕事が
多くの方々の喜びに貢献しているという実感を得られて
大変嬉しく思います。

改めまして、会への参加を快く承諾してくださった
北白川書房様には感謝の気持ちでいっぱいです!


紙面づくりにとって大切なこと

こんにちは、小嶋です。

今回は「フォント」について取り上げたいと思います。

私たちのような仕事にとって非常に身近な「フォント」。最近ではお仕事に関わらずパソコンやスマートフォンのアプリ等で使う機会も多いため、よく知っているという方もいらっしゃるかと思います。

フォントとは簡単に言えば文字の形のことで、大きく分けて日本語では明朝体とゴシック体、英語ではブロック体と筆記体があります。

これが細かく見ていくと本当に種類が多く、例えば明朝一つとっても「リュウミン系」「ヒラギノ系」「筑紫系」「小塚系」…などなど。

それぞれのフォントの違いは微妙と言えば微妙。ぱっと見で違いがわかりにくいものも多いですが、実はそれぞれに専門のデザイナーさんが存在し、用途、目的、印象などに従ってしっかりデザインされたものばかり。

そのため私たちも、伝える内容に合わせてはもちろん、遠くから見るから、小さく印字するからといった観点からも考えます。

そんな細かいことで何か変わるのかとお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、実際に商品パッケージの分野では、商品名のフォントを変えたことで購買層が広がり、売り上げが1.5倍に増えた、という例もあるそうです。

▲少し前に大流行したフォント「キリギリスDS」。フォントには流行もあり、「最近このフォントよくみかけるなぁ」ということもよくあります。

 

お客様から頂いたご要望に対しベストな結果を残せるよう、フォントのひとつひとつにまでこだわりを持っていつも仕事に望んでいます。