動画で技術の継承を

皆さんこんにちは
制作部の平野です。

今日は弊社で最近行っている取り組みをご紹介します。

作業標準動画というものを作成しています。ベテランが行う作業のやり方を、動画で撮影し、誰でも同じやり方で仕事を出来るようにしていこうというものです。

印刷機は専門の知識と技術をもったオペレーターでないと扱えません。
新しく入ってききた人にも順番に教えていきますが、一人前に動かせる様になるには何年もかかってしまうものです。
そこで、弊社で作った作業標準動画の一つです。

フィーダーセット基本版

フィーダーセット基本版

機械の操作で難しいところ、注意しなければいけないところを実作業をしているオペレーターの目線で動画として撮影します。
撮影した動画には、テロップや注意書き、矢印をいれたり、わかりやすくしています。

機械の説明書は、細かい文字ばかりで読むのも嫌になるし、分かりづらいですよね。

こうやって実際やっているところをみれると細かいところも動きをみて学べます。
制作部でも、同じ様に動画を利用して、技術の共有をしています。

制作部の仕事は基本的にパソコンで行なっています。

今回は、その作業のなかでも、画像を見て明るくする作業を大幅に時間短縮するやり方を、作業をしている画面を録画することでわかりやすくしています。

暗くつぶれた部分を最短で明るくする

暗くつぶれた部分を最短で明るくする

やり方さえ分かれば、時間短縮になるけど、知らなかった。という技術は私たちの仕事ではよくあります。仕事の速い人のこういう事を積みかさねれば、全員同じレベルのスピードで作業ができるようになります。

これって自分しかやっていない!と思ったらその都度録画をして、技術の継承を増やしていきます。

動画配信サイトでやり方動画はいくつもありますが、ものづくりをしている会社には、その会社毎のやり方があると思います。

皆さんの会社でも、いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です