「しつけ」って何だろう?

こんにちは。制作部の藤本です。

育休から復帰して半年が経ちました。

2330gと小さく生まれた娘も、1歳半でとうとう10kgに!

ちゃんと育ってよかったという嬉しさもありますが、現実の腰痛・膝痛の恐怖も増してきました。

そして走って逃げ回るようになったので、母親としてはさらなる体力を要求されつつあります。

毎朝、水で消せるクレヨンと普通の鉛筆で、自由奔放に描いています。

まだ形状を書くことはできないのですが、筆圧が徐々に強くなったり、色がわかるようになったり、昨日できなかったことが今日できたりするので(危ないことも)、興味深く観察しています。

「出して、しまう、また出す」を何度も何度も繰り返したり、公園の滑り台をもう1回、もう1回、と呆れるほど付き合わされています。

繰り返す事で少しづつですが出来る事が増え、「達成感を重ねさせる」が子育てのキモなのだと思って、体力と時間が許す限り付き合おうと思っています。

 

目下の課題は「しつけ」です。

娘はまだ言葉ではちゃんとした表現ができないので、失敗したり、やりたい事ができないと持っているものを投げたりします。

家ではイスや棚に登りたがり、そして落ちて泣きます。

顔もぶつし、髪も引っ張るし、飲んでる麦茶を着替えたばかりの洋服などにブーっと吐きます。

「ダメでしょ!」と怒って、理由を説明して終わる時もあり、また繰り返したり・・。

こちらのコンディションは関係なしなので、キツイ!どうしたらいいか分からない!誰か助けて!となる時もありました。

(最近はしっかり怒るとその場では繰り返さなくなってきました。)

「しつけ」と「おとなしくして欲しい親の都合」が混在してしまう時もあります。

お行儀よく大人の言う事を聞く(顔色を伺う)いい子を別に望んでいないはずが、時間がない時にやって欲しくない事をされると、私がイライラして態度が荒っぽくなったり。

娘の不安そうな顔を見てハッとしたりしてしまいます。

本当に危ない事と人に危害を加える事以外は、程よい距離感を持って接していけたらと考えているのに・・・。

親の態度や姿勢が問われるという責任!(汗)

ヘロヘロになって娘を保育園に迎えに行くと、0歳クラスの子たちが「ママ来た!」とテンションMAXで駆け寄ってきます。幸せな光景だなと感じます。

今の関係でいられる時間はきっとそんなに長くはない、貴重な時間。

これからも試行錯誤を繰り返しながら、娘の成長と自立をサポートしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください